PE-BANKは副業に向いている案件はあるかチェック

 

この記事では

 

PE-BANKには副業に向いている案件はあるの?
PE-BANKは副業として利用しやすい?

 

などの疑問についてお伝えしている内容となっています。

 

PE-BANK

 

時間がない方に先に結論を紹介しておきます。

 

PE-BANKは副業に向いている案件の取り扱いは少ないです。

 

副業で利用する場合は、案件獲得することが難しい面ががあります。

 

PE-BANK

 

 

PE-BANKでは副業に向いた案件は取り扱っているのでしょうか?

 

会社員として仕事をしながらフリーランスとして副業するとなると、使える時間は限られてきます。

 

週5日やフルタイム稼働の案件ばかりだったら、時間的には案件参画は無理になります。

 

だから、週1や土日などの空いた時間だけで働ける案件紹介してくれるエージェントサービスなのかは、事前に把握しておきたいものです。

 

そこで、PE-BANKは副業に向いた案件はあるかどうか調べてみました。

 

PE-BANKは副業に向いた案件ある?

 

結論

PE-BANKの副業に向いている案件の取り扱いは少ないです。

 

副業で利用する場合は、案件獲得することが難しい面ががあります。

 

取り扱っている案件は、やはり「週5日」や「フルタイム」の勤務日数のものが多いです。

 

「週3日」の案件はかろうじて副業できる可能性がある案件だと思いますが、数は非常に少ないです。

 

「週2日」以下の稼働日数の案件ともなると、ほぼ取り扱っていない状況です。

 

では、PE-BANKでは完全に副業として案件を紹介してもらうことはできないサービスなのかというと

そんなことはありません。

 

エージェント側も、案件の取り扱い数からみて週5日の常勤をすすめてくることが多いことは多いです。

 

ですが実際のスキルや経験、募集タイミングなどによっても勤務日数や時間は変化します。

 

だから、あらかじめエージェントに「副業としてやりたい」と相談しておくことで、案件の条件を調整してくれる場合もあります。

 

ですが、副業でできる案件が回ってくることは少ないと思っておいた方が無難です。

 

PE-BANK

 

注意点としては、PE-BANKは基本的にフリーランスでエンジニアの仕事をしている方のための案件を中心に取り扱っているということです。

 

そのために、会社員が副業でできる時間で案件を受けようと考えている利用者には、案件が回ってこない可能性も高いですね。

 

依頼するクライアント側から考えてみても、時間を柔軟に使えるフリーの人と、会社員をやりながら副業をしている人を比べるなら、どちらを採用したいかは明らかです。

 

スキルが同じ条件なら、やはりフリーランスとして、完全に時間を費やしてくれる人を採用したいというのはわかりますよね。

 

だからサービスに登録したとしても、なかなか案件が回ってこない可能性が高いことを覚悟して利用することをおすすめします。

 

 

PE-BANK

PE-BANKの副業に向いている案件についてまとめると

 

副業に向いている案件の取り扱いは少ない

 

となります。

 

PE-BANKを利用する時の一つの参考にしてみてください。