PE-BANKのマージン(手数料)はどれくらいなの?チェックすると…

 

この記事では

 

PE-BANKのマージン(手数料)がどれくらいかかるか知りたい
PE-BANKでマージン(手数料)を取るのはどうしてなの?
マージン(手数料)を公開している他のエージェントサービスには何がある?

 

といったことを考えている人にとって最適な内容となっています。

 

PE-BANK

 

いち早く結論を述べると、PE-BANKは、マージン(手数料)が8〜12%となっています。

 

 

PE-BANK

 

PE-BANKは、フリーランスエンジニアに向けた案件紹介のサービスです。

 

PE-BANK

 

そんなPE-BANKのマージン(手数料)はどれくらいなのでしょうか?

 

取り扱っている案件には、中間マージンとしてどれくらいの手数料がかかっているのかは理解してから利用したいですよね。

 

「実はすごくマージン(手数料)が抜けれていた!?」なんてことになるかもしれません。

 

きちんとマージンを把握してからサービスを利用するか検討したいものです。

 

そこで、マージン(手数料)はどれくらいなのか調べてみました。

 

PE-BANKのマージン(手数料)について

 

結論

PE-BANKのマージン(手数料)は8〜12%です。

 

Pe-BANKのマージン率は、段階的に下がる仕組みになっているので、利用するほどに手取りが増えていくところに特徴があります。

 

1年目は12%で、その後8%まで段階的に下がっていきます。

 

手数料の公開については義務付けなどはないため、非公開にしているフリーランスエージェントが多いのが現実です。

 

だから案件の報酬額は、PE-BANKへのマージン分が差し引かれ引かれている金額となっています。

 

差額であるマージン分がエージェントサービス側への収入になり、案件紹介の事業を展開できているわけですね。

 

PE-BANK

一般的にフリーランスエージェントの中間マージンは、10〜25%程度だと考えられます。

 

フリーランスエージェントの中には、手数料を公開しているサービスの平均のマージン(手数料)はだいたい8〜20%程度です。

 

そして、フリーランスエージェントの中には株式上場している会社もあります。

 

その場合、マージンは公開していないけど価証券報告書から受注単価を分析することで、だいたいの手数料の割合が推定できるケースもあります。

 

また、いろんなフリーランスエージェントサービスがお互いに競争し、フリーランスエンジニアの方も複数登録してサービスを比較する場合が多いので、手数料を取りすぎることが難しくなります。

 

そのようなわけで結果として、だいたい10〜30%の手数料の範囲に落ち着くことが多いようです。

 

上に挙げた要素を加味して推定すると、一般的な中間マージンは10〜25%の範囲だと推定されます。

 

一般的な10〜25%からすると、PE-BANKはマージン率をかなり低く抑えているサービスだといえそうですね。

 

PE-BANKのメリット・特徴

PE-BANKは、どのようなメリットや特徴があるサービスなのでしょうか?

 

PE-BANK

サービスの特徴をまとめてみると

 

対応地域は東京・横浜・札幌・仙台・名古屋・京都・大阪・岡山・広島・福岡

 

全国各地、5万件以上の案件の中から条件に合う案件を紹介

 

取引企業との契約内容をすべて公開

 

充実の福利厚生・健康サポート

 

情報処理技術者試験など一部試験は受講料は全額補助、さらに技術系セミナー受講料の補助あり。

 

といったところになります。

 

フリーランスエンジニアにとっては利用してみいたいサービスですね。